アレルギーって恐ろしい…でも薬の管理はもっと恐ろしい(泣)

投稿日:2017年3月23日 木曜日

-

三島コーポレーションでは日替わりで『 今日の一言 』を社内ポータルサイトに投稿する、といったことを続けております。
管理者だけでなく、事務スタッフや新入社員まで、自由なテーマで肩に力の入らない範囲で200字程度の短文を途切れさすことのないように、毎日リレーで繋いでいます。
文字を書き慣れているものも、そうでないものも、皆なかなかの内容を書いています。
クスッとするものや、なるほどと思わせられるものなど多種多様で、お見せできないのが残念です。

私も最近以下のような内容で投稿しました。

経年していく自分との付き合い方
唐突ですが、人は経年で50歳間近になるといろいろ不具合が出てきます。
私も多分にもれず色々な症状と付き合う羽目になっています。

  • 痛風らしいので病院へ行ったら、「らしい、ではなく痛風そのものだ」と言われ尿酸値を下げる薬を飲んでます。
  • 花粉症デビューかと思い、水鼻垂らして病院に行ったら、「重い副鼻腔炎で蓄膿症と言っても良い状態だ」と言われ毎食5~8錠もの薬を飲んでます。
  • マラソンをしたら踵の腱が痛いと思い病院へ行ったら、「体重と年を考えろ」と怒られました。
  • 体がだるいからとマッサージ屋さんに行ったら、「うわぁ!ガッチガチですねぇ~、よくこれで腰痛でてませんねぇ?」と店を変えても必ず言われてしまいます。
  • ここ一年くらい階段を降りる場合は、足元を見ないで他事を考えていると階段を降りるリズムを狂わせて踏み外しそうになってますので、足元を見るようにしています。
  • マラソン大会10kmを何度走ってもなかなか体重は重たいままの高値維持です。
  • 頭も様々なことを考えるスピードは自分でも落ちているように思います。 etc

その分、ものを考える内容の「質」を高めて実行することで、上記のような経年で失うであろうものに釣り合うようにして行きたいと思っています。
※なんとなく経年を加齢とは言いたくないのです

で、現在、副鼻腔炎(ほとんど蓄膿レベルのようです…) の治療で頂いているのが以下のような量の薬!
写っているのは?昼の1日分をセロテープで一列に貼りつけた?6日分の薬です。
昼だけで6錠、朝は9錠(うち2錠は尿酸対策)、夜は7錠!!

薬漬けです(泣)。
これに点眼薬も複数あり、普段、薬を飲み慣れていない身には何がなんだか(泣)。
家には昼用と同様に朝と夜の各一回分をセロテープで一列に、手近なダンボールに貼って一週間分を正しく服用できるようにしています。

見た目は貧相ですが一番わかり易い!

(ギリ) 40代の自分の分でも混乱するのですから、ご高齢者が種類の多い投薬を正しく服用するのは本当に至難の業だなと痛感しました。

三島コーポレーションの関連会社であるスマイルコートの、介護スタッフによるご高齢者に対する一般的な生活支援の中には『 薬をちゃんと飲んだか』の確認業務もあります。
その業務にこのような怖さが含まれていることに遅ればせながら気がついた次第です。

また、他者用に薬を小分けすることって、すごく怖いことなんですねぇ。 

○○○先生、院外薬局の薬剤師が引く分量はそろそろ抑えてくださいm(_ _)m

(三島コーポレーション 情報企画部 松浦)

-

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status