これもファイナンシャルプランニングの一種。浮いた差額がなんと!

投稿日:2016年8月26日 金曜日

-,

最近話題になる携帯電話の格安SIM (シム)。

『 気にはなるけど、なんのことやら… 』 という方も多いのではないでしょうか?
 ← スマートフォンの中の  docomo  や  au  のこんな形のカードがSIMです。
要するに『 格安料金の通信会社用のSIM  』 と言うわけですね。
現在ではたくさんの会社から提供されています。
私は約2年前に、妻とともに  au  から 関西電力系列の  mineo  (マイネオ)に変更しました。
変更前の時点では、二人で月額14,000円程度の支払いをしており、二人とも使用中の端末の残金が残っている状態でした。
  • 妻がiPhoneで 月額約6,000円 / 端末残金約50,000円 (!)
  • 私がAndoroidスマホで 月額約8,000円 / 端末残金約25,000円
高いネ~ということで、噂の格安SIMに乗り換えることに。
私は関西電力系列の  mineo  にしました。
 au  の解約手数料や最終月の利用料金などで費用は膨らみ、総額100,000円を一括で  au  に支払うことになりました! ※妻は真っ青
解約して手元に残った端末に  mineo  の格安SIMをセットして、設定をゴニョゴニョっとして完了!
乗り換えた結論から言うと、 月額約14,000円月額約3,000円 となり、なんと 11,000円!の差額が浮いた ことになりました!
 au  に支払った約100,000円は9ヶ月でペイしました。 ※妻ご機嫌
格安SIM って言っても、現在各社から販売されているのは NTT  docomo  と KDDI  au  のもののいずれかですので、買ったものの繋がらない!という心配は不要です。
現に2年が経過しようとする現在でも、幸いなんの問題もありません。

格安SIMを使用してメリットを感じるためには、以下の2点が大きな要素となるようです。

  • 外部に電話をしないこと。特に携帯電話宛の長電話をする方は、  docomo   au   softbank  のが扱う 『話し放題』契約のメリットが大きいですね。
    自営業の方は『話し放題』が涙出るくらい嬉しかったのではないでしょうか。
    格安SIMでも部分的な『話し放題』的なサービスが出てきたので、事情は変わるかもしれませんね。
  • スマートフォン端末を自力で調達できること。壊れた場合の対応が自力でできること。これ大きいです。
    最近では格安SIMの会社でも端末販売するケースが増えていますが、種類も少なく対応も  docomo   au   softbank  と比べるのは酷というものでしょうか。※だって安いんですから

わが家は外部への通話をほとんどしません。
夫婦間は LINE による文字の送受信ばかりで、無料通話 もたまに使用しますが、これすらほとんど使用する機会がありません。
※イオンではぐれた時くらいでしょうか…
お店や固定電話あての連絡であれば、IP電話アプリで8円/3分の安い料金で電話はできてしまいます。携帯電話あてが一番費用が高くなるんですよ(泣)。
端末の故障があってもどうにかできます。
なので成り立っていることも事実なんですが、同じような方も多いのでは?
わが家は二人で年間約132,000円の節約ができました。家族が多いお宅では更に○倍!?
これも広義のファイナンシャルプランニングです♪
さらに幅広く節約や見直しをお考えの方は、三島コーポレーションでライフプランのご相談を承ります。ぜひご連絡ください♪

-,

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status