日本人のマナーと外国人のマナー

投稿日:2016年2月1日 月曜日

-

近年、中国や韓国からの観光客のマナーがよろしくない報道がメディアや人の口に上ることが多々あります。

これらに対して同意する部分が大きいのですが、以前からなんだか違和感を感じていました。
その違和感の原因を示してくれた記事に出会いました。

『日本人は伝統的にマナーが良い』 なんて明らかなミスリードであるという内容です。

本文中の安倍首相うんぬんはさておき、昔の日本は汚かったんです。
昨年10月に投稿した関東と関西のマナーの違いって…でも触れましたが、ほんの20~25年前までは電車は並ばない、路上駐車の何が悪い、川へのゴミ投棄はあたりまえ…という事は40歳代以上であればは思い当たると思うのです。
30年前であれば、飛行機の中でもタバコが吸えていた時代です。
常識が少しづつ変化してきたことを失念すると、大昔からこうだったように思ってしまうようです。
校庭で遊んでいれば、『光化学スモッグ注意報が発令されました。校庭で遊んでいる生徒は校舎に入ってください。』と頻繁にアナウンスがあったように記憶しています。
近所のドブ川は本当に臭かった。
水俣病やイタイイタイ病は企業公害の最たるものでしょうし、サリドマイドの影響をうけた友人には薬害の恐ろしさを直接教えてもらいました。
法整備や改善に取り組む方々の働きにより、それらが「ドブ川の象徴」道頓堀がキレイになりつつある!?という記事も出るくらい環境改善が進んでいることこそ日本が誇ることではないでしょうか。
今昔のその変化量を皆で意識して、今後の生活環境向上に寄与していきたいと思いました。
PM2.5や黄砂には本気で困るので、その国には早急になんとかしてほしい次第です。

-

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status