賃貸管理部

資産運用のプロフェッショナルを目指して

我が国では、個人資産の 50% 以上が不動産だと言われています。特に、賃貸住宅や土地などのオーナーの皆様は、これからの時代にどのように不動産を有効活用していけば良いのか、大きな悩みを抱えていらっしゃいます。

賃貸管理部は、賃貸住宅経営、土地活用のプロフェッショナルとして、オーナー様の大切な資産の運用をお任せ頂いています。下記四つの事業を通し、専門家として、良きパートナーとして、お客様のご期待に応えることが我々の使命です。

  • 賃貸住宅の管理業務を代行する総合管理事業
  • オーナー様から不動産をお預かりし、賃貸住宅経営そのものを代行するサブリース事業
  • 活用しきれていない不動産を収益化するコインパーキング事業
  • 損害保険代理店事業

お客様の生活と資産を守る仕事

2018 年 6 月、当社の営業エリアである北摂地域で大阪府北部地震が発生しました。追い打ちをかけるように、同年 8 月には大型の台風 21 号が大阪を直撃し、大きな被害をもたらしました。当社の管理物件では、幸い人的な被害は無かったものの、災害発生直後から電気・水道などの生活インフラが使えなくなる事態が相次ぎ、屋根や外壁などに被害が出た物件も多数発生しました。当社の従業員も対応に追われ、直後から管理物件の見回り、入居者様のお問い合わせへの対応などに奔走しました。中には修繕まで数か月を要した案件もあります。断水したお宅に、緊急でペットボトルを持参したこともありました。

いつも通りの生活が、当たり前のように送れることに価値があります。私たちの仕事は、入居者の皆様の日常生活をお守りし、オーナー様の資産をお守りすることです。“縁の下の力持ち” のような仕事ですが、誠実に、堅実にこの仕事をこなし、おかげさまで地域トップクラスのシェア、管理戸数約7,500 戸の規模に成長しました。

地域のお客様とともに、成長にこだわる

総合管理事業に加え、近年新たにサブリース事業、コインパーキング事業を展開し、事業部として安定した成長を続けています。賃貸管理事業は、当社の主軸事業として、会社全体の成長エンジンに位置付けられており、これからも、新しいチャレンジを続け、地域のお客様とともに成長の歩みを続けていきます。

職種紹介と主な業務内容

営業職(賃貸管理課 / サブリース課)

オーナー様から委託された賃貸住宅の管理全般を行っています。オーナー様への定期訪問、物件巡回や、入退去処理、毎月の家賃精算などのルーティンワークのほか、新たな物件の開拓営業や、修繕対応、入居者様のご要望への対応など、非定型的な業務も併せて行っています。

賃貸管理課では、2 名のリーダーのもと、それぞれのチームを構成し、チームワークで成果を高めあっていく体制をとっています。

サブリース課では、概ね賃貸管理課と同じ業務を担当していますが、業務の性質上、オーナー様への対応のウェイトが少なく、代わりに開拓営業の比重が高くなります。

営業職(CP課)

オーナー様への土地活用提案の一貫として、コインパーキングのご提案を行います。事業計画の立案とご提案、更には、運用中のコインパーキングの巡回や売上収納、精算等まで対応します。

営業職(ビル事業課)

当社の所有物件の管理全般と、新たな不動産の取得検討等の資産組換検討、その他お客様案件への対応などを行っています。比較的経験を要する職種のため、ベテランの社員が配属されています。

事務職(FP課)

損害保険代理店業務の事務を行います。住宅のご購入や賃貸に際し、損害保険ご加入のお手続きをしたり、満期を迎えたお客様に契約更新のご案内を差し上げることが主な業務になります。

事務職

営業職と協力しながら、主に家賃精算や送金等の経理業務を行います。基本的にはルーティンワークですが、管理物件数が多いうえに、オーナー様によって特別な精算ルールがあるケースもあり、漏れなく確実に対応する必要があります。

デスクワークでの事務作業が基本になり、接客対応は多くありません。何よりも地道に、確実に仕事をこなす姿勢が求められます。

未経験の方も大歓迎!じっくりプロとして育て上げます。