いばらき竹灯籠~「竹害」から「竹愛」へ~

投稿日:2016年12月4日 日曜日

-,

今年で4回目の開催となる、いばらき竹灯籠を見に行って参りました。

なんで竹灯籠を使うんだろうか?燈花会っぽいイベントを目指しているのかな?と思ったのですが違いました。

茨木市は、大阪府下で第二位の竹林面積

むかしは竹材や筍の収穫に利用されていた竹林ですが、低価格な輸入品によって駆逐され、現在は放置されている場所が多いとのこと。

放置された竹林は、周辺の森を侵食して生態系を破壊したり、土壌を弱くして崖崩れの原因にもなるそうです。

そこで、そんな竹を使ったイベントによって、竹林の管理保全を行おう!といった趣向もあるようです。

  • 「茨木産の竹」を通して、茨木の里山に興味を持っていただく事
  • 大分県竹田市と「歴史・文化姉妹都市提携」を結んだことを周知、PRする事
  • 里山の竹林の保全を推進し「観光資源」として活用していく事
  • 竹灯籠を通じ、市役所や団体、ボランティア、企業に新しい交流が生まれ、総持寺地域の活性化につなげる事

会場は2箇所に別れており、まずは総持寺に向かいました。

正面入り口の階段には竹灯籠が配置されており、皆さんこちらで記念写真を撮られていました。

境内へ向かう回廊にはカワイイ灯籠

境内ではライブが行われており、綺麗な歌声に皆さん耳を澄ませています。

お寺と竹灯籠が醸し出す、幻想的な雰囲気。

ただ、個人的に屋台が無かったのが残念でした。
屋台があったらもっとゆっくりしたかったのですが、次の会場に移動です!

2つ目の会場は西河原公園グラウンドになります。

広いグラウンドに竹灯籠が輝いております。そして…屋台も出ております(^^)

竹田♡茨木
歴史文化姉妹都市

竹灯籠の滝

こちらでは、ビートルズのライブが行われていました。

そしてお待ちかねの屋台です!

唐揚げポテト鉄板人気のようで、大勢の方が並んでいます。

わたしは5種盛りおでん。なんと300円!(素晴らしい!)をいただくことで地域貢献しようと思います(^^)

かなりのボリュームがあり、寒さも手伝ってとても美味しくいただきました。

そして、頭の片隅に残っていた記憶を辿って次の会場に向かいます。

なんと私の頭の中に、過去に開催された竹灯籠のイメージが(過去、こちらが会場でした)残っていて、会場が2箇所しかないということを忘れてここまで来てしまいました(^^;

もちろん真っ暗で何もありません。

幻想的な竹灯籠と、音楽イベント屋台があり、人がごった返している訳ではありませんので、ゆる~く楽しむことが出来るイベントでした。

今年参加できなかった方は、ぜひ来年ぶらっと気軽に参加されてみてはいかがでしょうか?

(三島コーポレーション情報企画部 浅井)

-,

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status