高槻市最高峰『ポンポン山』に行って来ました!

投稿日:2011年2月11日 金曜日

2月9日(水)

メタボ対策の一環として自転車に乗っていましたが、
街中を走っていてもあまり楽しくありません。

「綺麗な空気…自然の中を走りたい!」

だからと言って、ヒルクライム(坂登り)する脚力もありません。

そこで思いついたのが「山登り」でした。

昔々、ボーイスカウトで近隣の山々に登っていたことを思い出し、
思い切って高槻市最高峰『ポンポン山』に登ってきました!

s-DSCF3620

本山寺駐車場に車を停めて、ポンポン山へ登山開始です!

いきなりのコンクリート舗装急坂に、早くも意気消沈気味です。
しかし、ベテランのおば様方はスイスイと登って行かれます。
自分の体力の無さを痛感しました。
s-DSCF3589s-DSCF3591

本山寺方面とポンポン山方面の分岐点まで来ました。
ここまで30分程度、きつい坂道を延々と登ってきます。
ここに辿り着くまで、何回も「もう帰ろう」と考えました(^^;
s-DSCF3595

やっと登山口に到着。
ジャリ道から、いかにも「登山道」に変わります。
s-DSCF3596
s-DSCF3601

途中、頼りにしていたiPhoneのGPSツールがなぜか使えず、
現在位置の把握が出来なくなり、体力的に進むべきか引き返すべきか、
迷っていたのですが、念のために持って来ていたコンパスと山岳マップが
役に立ち、だいたいの位置がわかったので進むことにしました。
s-DSCF3609s-DSCF3610

途中で何回も「あ…あれが山頂かな?」→「頑張って登る」→「山頂ではなかった」
を数回繰り返し、体力も精神力もヘトヘト状態でやっと山頂へ辿り着きました。
s-DSCF3619

山頂は吹きっさらしで風が強く、細かい雹(ひょう)が降っていてとても寒かったです。
ここまで十数人の登山者の方とすれ違いました。

そんな極寒の中、急いでご飯を胃袋に入れて帰路につきました。

復路は、道もわかっていたので精神的にも楽だったので、
キツツキが木を突く音を聞いたり、野生の鹿の写真を撮ったりしながら帰ることが出来ました。
s-DSCF3629

往路:約2時間
復路:約1時間半

次は、地元茨木市の最高峰「竜王山」を目指します!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
株式会社三島コーポレーション
総務部情報課 浅井康友

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status