万博記念公園 ~2月・梅林~

投稿日:2006年2月20日 月曜日

万博記念公園は、敷地面積が約260haで、甲子園球場の約65個分に相当する広大な公園です。園内には、日本庭園と自然文化園があり、また施設としては、大阪日本民芸館、国立民族学博物館、大阪府立国際児童文学館などがあります。
公園内では、季節の折々で、さまざまな植物が私たちの目を楽しませてくれます。ちょうどこの時季は、自然文化園で『梅まつり』が開催されていました。
(期間:2月11日~3月12日迄
今年は、例年の70種の梅に加え、さらに22種を導入し、計92品種約650本の梅が植えられており、その中には、他では見ることが困難とされている「桃山」という珍しい品種もあります。

私が訪れた際は、まだ気温も低くて、残念ながら梅の花は殆ど咲いていなかったのですが、(今年は例年よりも寒さが厳しいので、やはり開花が少し遅いそうです。)
それでも、つぼみや数少ない咲き始めた花から、梅独特の鼻をくすぐる甘酸っぱい香りが、風に乗って運ばれてきました。

ちなみに今の季節では、ツバキや水仙、万両、ロウバイ、マンサクといった花が咲いているそうです。この日は風が強くとても寒かったので、梅林だけしか行くことが出来ませんでしたが、もう少し暖かくなれば、園内を時間をかけて散策すると気持ちが良いのだろうな、と思いました。

ところで、3月12日(日)は、1970年に開催された『日本万国博覧会』を記念し、日本庭園・自然文化園・国立民族学博物館・日本民芸館・エキスポランドのすべての入園・入館が無料になり、様々な催しが開催されるそうです。
皆さんも、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
------------------------------------------------------------------
交通アクセス:
大阪モノレール「万博記念公園」「公園東口」駅下車
       JR「茨木」駅・阪急「茨木市」駅・
       北大阪急行「千里中央」駅から路線バスの運行
------------------------------------------------------------------

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
株式会社三島コーポレーション
情報課 川野千沙子
太陽の塔白梅と太陽の塔








白梅白梅2








紅梅梅のつぼみ








梅林看板梅まつり看板

Copyright© 三島コーポレーション Official Blog , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status